スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本情報技術者試験の午後問題の対策

基本情報処理技術者試験の午後問題の対策

■午後問題の合格ラインは60点

 基本情報技術者試験では、午後が関門となります。
 私見ですが、何の実務やバックグラウンドもない人が
 いわゆる手軽な本を一冊手に取ってボロボロにしても合格できるとは思えません。

 理由はプログラミング(表計算を含む)が20点分あるからです。
 これだけは、別の本を併用して勉強しないと無理です。


基本情報処理試験の午後問題の仕組みを知る


 午後問題は以下のような形で出題されます。

出題数選択数配点目標解答時間制限時間
問1-問75問選択各12点約15分(一問あたり)合計:2時間30分
問8必須問題20点約30分
問9-問131問選択20点約30分

ここで、問9-問13の選択問題が特に関門となります。
これは、表計算を含むプログラミングの問題です。
これだけは、対策しないと0点になってしまい、合格は難しくなります。

基本情報処理試験の午後問題のプログラミング対策方法


例年、最も関門となるプログラミングの問題は以下のように出題されます。

問題番号出題内容選択数目標解答時間
問9Cどれか1問約30分
問10COBOL
問11Java
問12アセンブラ
問13表計算

もしも、実務で表計算やプログラミングをしたことがあるならその言語を選べばよいでしょう。
ただし、学校で習ったことがあるレベルならあまり有利不利はないかもしれません。

では、未経験の人はどれを選べばいいのでしょうか。
以下に述べます。

未経験の人が選ぶべきプログラミング言語


未経験の人が選ぶべき言語は正直好きなものを選べばいいと思います。
ただし、若干マニアックとなるCOBOLはあまりおすすめしません。
もはや、今となっては古い言語だからです。

昔、COBOLで作ったシステムを作り直すときに、COBOLの知識が重宝されることもありますが
これから基本情報技術者試験をうける人にはあまり関係ないのではないでしょうか。

以下を参考にして、選択問題は何にするか事前に決めておくことをすすめます。

問題番号出題内容どういう人が選択するべきかメリットデメリット
問9Cプログラミングを勉強してみたい人メジャーな言語であるポインタの概念の習得が難しい。
問10COBOLあまりおススメしない--
問11Javaプログラミングを勉強してみたい人メジャーな言語である。習得にそこそこ時間がかかる。
オブジェクト指向を体感できるのに時間がかかる。
問12アセンブラコンピュータを根本的に理解したい人コンピュータの根本を理解できる
学習時間が少なくて済む。
現実にはない言語である。
実務に直結しない。
問13表計算エクセルを使ったことがある人エクセルに近くて身近である。パズルっぽい理系的な問題が多く、思った以上に難しい。



実務経験のない人が、どうやって合格点をとるのか?


方法は二つあります。

①予備校を利用する。
②独学で情報処理試験とは違うわかりやすい専門書で勉強する。


①予備校を利用するとは、TACとかLECとかそういう予備校を利用するということです。
高いのがデメリットです。

②独学とは、言うまでもなく自分で本をかって勉強するということです。
デメリットは、合格までに時間がかかることです。

以下で、予備校の利用と独学を検討してみます。

ちなみに、
私は基本情報は独学で、
応用情報は独学ではどうにもならんと予備校を使いました。


予備校を検討する場合
(就活などで必ず合格が必要な人は、お金をケチらないほうがいい)


色々話をする前に以下の前提は知っておいて損はないでしょう。

 ■いわゆるSEは、新人研修をうけている。
 ■その新人研修は、情報処理技術者試験用につくられたものであることも。
 ■理系の学生は、一年くらいプログラミングを学ぶ
 ■独学でプログラミング本を読み解くのは難しく、結局、本をたくさん買うことになる。
 ■人に教えてもらうと、確実に合格確率ははね上がる!


予備校は、言わずとも高いことが難点です。
「なんで、基本情報処理技術者のために、そんな高い金を出してまでべんきょうせにゃならんのか」
という意見はごもっともです。

しかし、この試験を受ける人の大半は、なんだかんだでプロから教えてもらう経験をしています。
一方、全く実務経験のない少しパソコンが好きな人にとっては
なかなかそういうチャンスはなかったのではないでしょうか。

この差はデカいです。マジで。
そこで、未経験者が合格するためには人なみ以上の好奇心と、紙の勉強が必要です。
ぺらぺら適当に合格できるんじゃないかと思っていたらちょっと甘い気がします。

つまり、予算があり、確実に合格する必要がある人には、予備校をすすめます。
人(特に教えるプロ)から教えてもらうという経験は本当にデカいです。

TACとかLECとか大原とかなんじゃそりゃ?って思っている人もいるかもしれませんが
簿記検定とか教えてるところです。
資格の塾みたいなところで、資格にしぼってプロが教えるので、行くといっきに有利になります。



大学受験とは違いますが、大学受験を思い出してください。
別に塾に通わなくても、大学に受かることはできると思いますが、
塾がなかったとしたらずいぶんと不利になると思いませんか?

そういう有利さが資格予備校にもあります。

独学をする場合



資格予備校に行けば、合格可能性がいっきに上がるというだけで、独学での勉強も不可能ではありません。
とくに、午前問題に関しては独学でも対処できます。

独学の場合の「午前」対策:(なんとかなる)


午前に関しては、いわゆる
①テキストと②過去問でどうにかなるはずです。
キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成25年度 [単行本(ソフトカバー)] 平成25年度【春期】 基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験) [大型本]


しかし、対処が難しくなってくるのが午後問題


午後問題の問8と、
プログラミングの問9~問13が難しいです。

これは、実務経験やプログラムを触ったことがないと相当不利です。

そこで、私が使った勉強方法や書籍や、高度試験までとった人間として
これはよさそうだなと思ったものを踏まえてご紹介します。

独学の場合の「午後」対策:(かなり苦労する)


問題
番号
出題内容選択数配点必要な
テキスト
問8データ構造と
アルゴリズム
必須問題20点基本情報技術者大滝みや子先生のかんたんアルゴリズム解法―流れ図と擬似言語―第2版 [単行本]
問9Cどれか1問20点 新版 明解C言語 入門編 [単行本]
問10COBOLおススメはないかも…
問11JavaJava言語プログラミングレッスン 第3版(上) [大型本]Java言語プログラミングレッスン 第3版(下) [大型本]
問12アセンブラ 基本情報技術者試験CASL2完全合格教本 [単行本] プログラミング入門 CASL2―情報処理技術者テキスト [単行本]
問13表計算情報処理教科書 情報処理試験の表計算問題がちゃんと解ける本 [単行本(ソフトカバー)]


CとかJavaの本をみて太いなぁと思うかもしれませんが
経験者なら読んだことがあるような本なので
やらざるを得ないです。

また、表計算にしてもエクセルとかの本を 1、2冊経験者は読んでいると考えれば気が引き締まるでしょう。

あと本試験のコツもいいますと、必死に勉強したからとプログラミングでハマらない!
ずっと考えたら時間がなくなるので、途中でさっと切り上げるのは合格のコツです!
しょせんは、最終的に60点のボーダーに乗ればいいんです。

結局独学者は、何の本を買えばいい?



結局は4冊程度買うことになります。
4冊とは以下ようなものです。

■普通のテキスト
■過去問
■データ構造とアルゴリズムの本
■プログラミング対策の本


本屋さんのこれ1冊でOK!というのは売り文句であって
未経験者は4冊くらい必要です。

経験者は、家に下段二つの本がすでに本棚にあるってだけかも…
スポンサーサイト

情報処理の問題には背景があることを知る(+表計算対策)

2012a_pm_13_01.jpg

2012a_pm_13_03.jpg

でも、通学が大変だった市民は、こう考えたりするんじゃないでしょうか。

2012a_pm_13_02.jpg

2012a_pm_13_04.jpg

2012a_pm_13_05.jpg

2012a_pm_13_06.jpg

これは、基本情報処理技術者の 
平成24年秋の午後問題 問13(表計算)の問題です。

情報処理技術者試験は、このように現実的な問題を
試験用にシンプルに落とし込んだ題材がよく出されます。
もちろん、表計算を使ったからと言って
問題が完全に解決をできるわけではありません。

さらに、実際の問題を解けば分かりますが
「表計算をすることは、根気が必要で、結構地味で、地道な作業である」ということです。
実務につくとさらに痛感するようです。

さて、そのような話はおいておくと、
表計算問題は、本当に難しいです。
実は、一見むずかしそうに思える
プログラミングの問題のほうが簡単なのではないでしょうか。

私も、今日解いてみましたが、本当に難しかったし、時間がかかりました。
(よくこんな実力で、高度試験に受かったなぁ…)

そこで、基本情報で表計算を選択する人は、
以下のような本で必ず対策をしたほうがいいです。
一発で受かりたい人は、これは必須です。

情報処理教科書 情報処理試験の表計算問題がちゃんと解ける本 [単行本(ソフトカバー)] 改訂新版 基本情報技術者 らくらく突破 表計算 (基本情報技術者試験 らくらく突破) [単行本(ソフトカバー)]

表計算を攻略するポイントは3つです。

1、事前に勉強をちゃんとする。
2、事前にかける時間(30分などと)を決めておく。
3、勉強したからと満点は狙わない、半分から6割でよい。


普段、エクセルを使ってるとかは関係なく
問題に実際に触れたり
なれたりしてないとなかなか本番では解けません

また、時間をオーバーすること自体が
その問題をわかってないということですので
ハマらず撤退の勇気をもつことは必ず試験で重要になります

気になってても飛ばして、半分は取りに行く感覚をつけるとよいと思います

なぜなら、しょせんは「2時間半で、合計6割とれば合格するテスト」です。
表計算を除いた、他の80点で6割につじつまが合えばいいのです。

だから、ここは発想を転換して
どこで何点とって、合計60点にするかを考えて
そのうえで表計算は何点とるか?
を考えてしまえばいいのです。

個人的には、表計算に振られている配点の半分
20点中10点!を死守するようにすればいいかなと思います

もちろん、C言語やJavaを選択しても同じです。

新版 明解C言語 入門編 [単行本]新版 明解C言語 入門編 [単行本]

柴田望洋 (著)
ソフトバンククリエイティブ; 新版 (2004/8/28)
売上ランキング: 6,424

Amazonで詳しく見る
徹底攻略Javaプログラマ教科書 Platform5.0/6.0対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略) [単行本(ソフトカバー)]徹底攻略Javaプログラマ教科書 Platform5.0/6.0対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略) [単行本(ソフトカバー)]

須澤 秀人 (著), 後藤 裕乃 (著), ソキウス・ジャパン (編集)
インプレスジャパン (2010/4/22)
売上ランキング: 38,416

Amazonで詳しく見る

情報処理技術者試験の①難易度と②試験実施時期

(*)難易度は面白半分で、主観でつけています。

試験区分実施時期文系には理系には
ITパスポート試験随時普通易しい
基本情報試験春期秋期やや難やや難
応用情報試験春期秋期
高度試験ITストラテジスト試験秋期最難関?
システムアーキテクト試験秋期かなり難
プロジェクトマネージャ試験春期かなり難
ネットワークスペシャリスト試験秋期かなり難
データベーススペシャリスト試験春期かなり難
エンベデッドシステムスペシャリスト試験春期最難関?かなり難
情報セキュリティスペシャリスト試験春期秋期
ITサービスマネージャ試験秋期
システム監査技術者試験春期最難関?
春期…4月頃 秋期…11月頃 詳細は、こちらで確認

文系が情報処理技術者を目指す方法

【情報処理技術者試験の評価は?】
情報処理技術者試験はレベルが4つに分かれます!

簡単なものから順に

①ITパスポート
②基本 情報技術者試験
③応用 情報技術者試験
④高度 情報技術者試験


となります

文系で
ITパスポートを持ってると「まあまあ」の評価
基本情報技術者を持ってると「ん!君パソコンできるんだ!」という評価になる感じです。

文系理系を問わず、応用情報技術者あたりから、素人として見てくれなくなってきます(笑)


【試験の出題範囲】
試験の出題範囲は、かなり広いです。

試験の出題分野は大きく3つに分かれますが
 テクノロジ系 ≒ 理系向け(コンピュータの仕組みなど)
マネジメント系 ≒ 文系向け(うまい・安い・速い、プロジェクト管理)
 ストラテジ系 ≒ 文系向け(お金や法律のお話)

という感覚が近いかなと思います。


文系の人は
コンピュータの仕組みがどうかというよりも、
コンピュータをどう使うべきか、
コンピュータを使うとどのようなトラブルが考えられるか

などの発想をもって学習する戦略をとることをおススメします。

そういう系の問題がでたら、根こそぎ得点源にしましょう。

以下は、平成24年時点でのデータをもとに
各分野がどれくらいの割合で出題されるかの表です。
参考にしてみてください。

siken2.jpg


【情報処理技術者試験の難易度は?】
ところで、どのくらい難しいかといいますと、

①ITパスポート(学習期間:2週間~6か月)

→ パソコンが好きな人なら、本を片手に勉強すれば受かる!
→ パソコンが不得意な人は、がんばって本をよく読む必要がある。

②基本 情報技術者試験(学習期間:3か月~9か月)

→ いわゆる「パソコンの大先生(自称パソコンが得意な人)」レベルが何も勉強をせずに受けると落ちだす!
→ 普通は、本をかって問題を解くような勉強をしないと受からない。
→ エクセルとかプログラミングをしたことがあるなら学習期間は減らせる。

③応用 情報技術者試験(学習期間:6か月~9か月)

→ SEが何も勉強をせずに受けるとけっこう落ちる!
→ 趣味の延長でとろうとすると、かなり勉強をする必要がある

④高度 情報技術者試験(学習期間:6か月~9か月)

→ 合格をするには、実務経験をした上で勉強をしないと難しい
→ でも、所詮はペーパーテストなので実務経験があまりなくても必死でやれば受かることはできる

あくまでも目安ですので、過去問を本屋さんで買って解いてみると難易度の実感がわくと思います。


【勉強のコツは、過去問を解くこと】
無理なく合格しようとすると、ITパスポートは3か月、それ以外はそれぞれ6か月くらいかかると思います。
合格のコツは、過去問を繰り返すことです。
心構えとしては、油断せず、結果を急がず、着実に簡単なレベルを制覇していくことだと思います。


【慢心という罠に注意】
ここで聞いた笑い話を1つすると、パソコンの大先生ほど落ちやすい試験だそうです。
逆に、一生懸命勉強している人は、事前知識とは関係なく受かってると思います。

パソコンの大先生とは
自称パソコンが得意な人、家族の中でパソコンが得意と思われてる人をいいます。

おそらく、第一の原因は慢心です。

ほかにも、知識の偏りがあり
情報処理技術者試験が求める知識が少し違うことも原因ではないかと思います。
バリバリプログラムを組んだりすることがスゴイという発想の試験ではないからです。

たとえば、
「予算は?」「セキュリティは?」「トラブルの原因と対処法は?」
といった、ちょっと大人っぽいビジネスに直結するようなスタンスや基本知識を問う試験といえそうです。


【実務経験がなくても大丈夫】
試験の合格だけに焦点をしぼると、実務経験がなくても大丈夫です。
現に、私はシステム監査なんか一度もしたことありませんが、システム監査技術者試験(高度情報技術者試験の1つ)に一発合格しました。
(合格者の大半が、システム監査なんかしたことないのでは?)

それぞれの実務は、それぞれ特殊で細かいケースが多いと思います。
しかし、それは試験としては適さないと考えているのでしょう。

最高難度の高度試験であっても、オーソドックスな最大公約数的な問題に引き直し出題しているように思えます。
ITパスポートや基本情報処理技術者試験なら、なおさらその傾向は強まります。

したがって、ざっくりとした大きな発想から、基本的な知識を整理していくとよいと思います。
何はともあれ、まずは本屋さんに行って過去問に触れてみることが一番です!


平成25年【上半期】 ITパスポート パーフェクトラーニング過去問題集 CBT対応 (情報処理技術者試験) 平成25年度【春期】 基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験) 平成25年度【春期】 応用情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験)
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
教えることが好きです。そのうちオリジナリティ出していきます。

保有資格:
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
システム監査技術者試験
その他の資格

カテゴリ
PR
カウンタ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ITパスポート
基本情報技術者
応用情報技術者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。