スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆ポーランド記法(後置記法)

すこしデザインを変えました。

基本情報技術者試験 H24年春 問4
後置記法(逆ポーランド記法)では、
例えば、式Y=(A-B)×C を YAB-C×=と表現する。
次の式を後置記法で表現したものはどれか。

 Y=(A+B)×(C-D÷E)

ア YAB+C-DE÷×=
イ YAB+CDE÷-×=
ウ YAB+EDC÷-×=
エ YAB+CD-E÷×=



【解答・解説】
逆ポーランド記法は、
演算子(オペレータ)を被演算子(オペランド)の後に書く記法です。

これは、コンピュータで処理がしやすい記法なので、
非常によく出題されます。
(なぜ良く出るかは、あまり本に書いてないかも!)

逆ポーランド記法は、
「=」を「である」と考えて、日本語になおすといいです。

「Yは、AとBを足したものに、CからDをEで割ったものを引いたものに、かけたもの「である」」。

YAB+CDE÷-×=

よって、答えは イ


【なぜ、コンピュータにおいて、逆ポーランド記法は使いやすいの?】

Y=(A+B)×(C-D÷E)
という、人間がつかっている記法を中置記法といいます。

これを小学生のころに習ったとき、

・カッコは先に計算します。
・掛け算や割り算は、足し算や引き算よりは先に計算します。

といわれて、
ちょっと混乱しませんでしたか?

前から順番に計算すると間違ってしまいます。

コンピュータも同じで、演算子(+、-、÷、×など)がきたらすぐ計算したいのです。
覚えておくのは得意なので、数字はどんどんストックできます。

そこで、
(A+B)×(C-D÷E)
を後置記法にしたとき、コンピュータが間違わずに計算するかみてます。

AB+CDE÷-×
これをAから(左から)順にコンピュータにわたしてみましょう。

① Aがくる。おぼえとく。
② Bがくる。おぼえとく。
③ +がくる!ん!がまんできない!足しちゃうよ A+B
④ Cがくる。おぼえとく。
⑤ Dがくる。おぼえとく。
⑥ Eがくる。おぼえとく。
⑦ ÷がくる!ん!がまんできない!DをEで割っちゃうよ!
⑧ -がくる!ん!がまんできない!Cからさっきの計算結果の⑦を引いちゃうよ!
⑨ ×がくる!ん!がまんできない!③に⑧をかけちゃうよ!

これの順番をよく検討すると、ちゃんとした計算順序になっています。
コンピュータに親切な記法というわけです。




FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-AFUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A

富士通
電子書籍アイテム


スポンサーサイト
プロフィール

ダニエル

Author:ダニエル
教えることが好きです。そのうちオリジナリティ出していきます。

保有資格:
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
システム監査技術者試験
その他の資格

カテゴリ
PR
カウンタ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ITパスポート
基本情報技術者
応用情報技術者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。